これからは裸眼で快適に生活

コンタクトレンズを普段から使用している人の中でレーシックをしようか悩んでいる人も多いことでしょう。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。

 

長いスパンで考えていくことで、レーシック手術よりもコンタクトの方が高くなってしまうことがあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 コンタクトレンズの使用者にとりまして、裸眼の快適さというのは大変魅力的なものとなるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。

 



これからは裸眼で快適に生活ブログ:19年03月19日

トレーニングしたらお腹が減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
減量理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、トレーニングしたらお腹が減るようにできているのです。

トレーニングによって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
トレーニングで消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好むてんぷら定食やてんぷら定食といった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
トレーニングしてお腹が減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
トレーニングで消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

読者様は、「トレーニングしだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単にトレーニングしてお腹が減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでお腹回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「お腹が減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなか減量できないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。