レーシックはどのように行われるのか

レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。

 



レーシックはどのように行われるのかブログ:19年03月19日

健康的なシェイプアップには「体操」がかかせない!
というのは解っているんですが、
1日の中で時間を選び出して、
体操することは意外と難しいものです。

でもね、シェイプアップの効果が最も出やすい時間帯というのが、
あるみたいなんですよね!

皆さんは、
どんな理由で体操しているのかによって、
効果的な時間帯が変わってくることをご存知ですか?

まず、エネルギーをよりよく消費して、
体脂肪を燃やしたいという方は、
8時や午前中に運動すると良い…と言われています。

8時、体質が目覚めてすぐの時間帯は
交感神経の働きが活発で、
他の時間帯に同じような体操をするよりも
エネルギーを消費する量が多くなるからなんだそうです。

夜と比べると、
その差はなんと10%ほどにもなるとか!

その証拠に
8時食から昼食までの時間が、
昼食から夕方食までの時間より短いのは、
午前中のエネルギーの消費量が多いからなんですよね。

エネルギーの消費量が多いと、早く腹がすきます。

ですから、8時や午前中に体操することによって、
交感神経のスイッチを早く入れることができ、
代謝を高め、脂肪を燃焼しやすい体質作りをすることができるわけです。

そして、筋力や基礎代謝量を上げたいという方は、
夜の体操がいいそうです。

脂肪も落として筋力もつけたいという方は、
8時と夜に、
10分でもいいので体操するといいでしょう。

筋トレや筋トレなどの本格的な体操じゃなくても、
買い物や家事などで、
体質を動かすだけでも十分効果があるそうですから、
試してみてはいかがでしょうか。